2012年8月23日木曜日

テザリングと料金プランの謎

「てざりんぐ」を変換すると「てザ・リング」となってしまう俺の言語変換ソフトはおかしいのか?

ま、それはいいとして

テザリングしたときの料金プランがイマイチ分からずサポセンに電話しても対応したオペも良く分かっておらず伝言ゲームで終わり、結局自らネット検索し以下の結論に達た


Docomo

フォーマプランの場合

1 SPモードの契約が必要

2 テザリングを有効にするとスマホに外部機器が接続されていない状態でも、すべてのパケット通信がパソコンなどの外部機器を接続した通信となる。

3 テザリングで(「パソコンなどの外部機器を接続した通信」)通信をした場合「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」「パケ・ホーダイ ダブル」「パケ・ホーダイ シンプル」の定額料にテザリングでの通信料が上乗せされる。その上限が8190円
 例えば、月額5460円の「パケ・ホーダイ フラット」でテザリングをした場合、月額8190円まで上昇する。(正確にはこれにプラス基本料金が加算される)

Xiプランの場合

各種Xiパケット定額サービスの月額定額料金で利用できる

「Xiパケ・ホーダイ フラット」の場合月額5985円でテザリングを利用できる。通信量が増えても、料金は上昇しない。(正確にはこれにプラス基本料金が加算される)


au

1 IS NETの契約が必要

2 テザリングを有効にするとスマホに外部機器が接続されていない状態でも、すべてのパケット通信が モバイルPC/PDA/カーナビ等接続上限額 となる。

3  モバイルPC/PDA/カーナビ等通信」をした場合「ISフラット」「ダブル定額スーパーライト」「ダブル定額ライト」「ダブル定額」の定額料にテザリングでの通信料が上乗せされる。その上限が10395円
 例えば、月額5985円の「ISフラット」でテザリングをした場合、月額10395円まで上昇する。(正確にはこれにプラス基本料金が加算される)

+WiMaxプランに加入している場合
各パケット定額サービスの定額料金プラス月額利用料は525円で、テザリングも同料金で利用可能。
「ISフラット」なら、5460円にWiMAXの月額利用料525円を足した5985円でテザリングを利用できる。通信量が増えても、料金は上昇しない。(正確にはこれにプラス基本料金が加算される)

4 au Wifiスポットが利用できる地域にいる場合は、当然こっちを利用したほうがお得


つまりテザリングするならDocomoは「Xi」 auは「WiMax」に対応した端末を購入して利用するのが一番お得という訳ですね~

料金的に安くできそうですがでもテザリングにはデメリットもあります。
スマホのバッテリーの消費量の増加、回線状態による速度の低下、両キャリア共に利用エリアが限られている
たまに使うだけならいいかもしれないけど頻繁にPCで通信したりする人は、Wifiルーターの方が使いやすいと思いますがどうでしょ?

2012年8月19日日曜日

突然ネット接続不可・・・ 復旧記

いつも通りPCを起動させるとネット接続アイコンに!マーク
ネットに接続されておりませんと

iPodtouchと携帯のwifiでは接続できるので無線はOKか

もう一台のPC起動させてみるとこっちはネットOK

つうことはケーブルか?

接続できる方とできない方のケーブルを入れ替えてみる

接続できる方は出来てできない方は出来ない 症状に変化なし

ではルーター側のLAN端子を入れ替えてみる

やはり変化なし

やはり本体に不具合があるらしい

LAN端子はオンボードされているので故障とは考えづらいし考えたくもない(笑)

フレッツ接続ソフトをインストールしたりネットワーク接続をいろいろ見たりいじったりバックアップから復旧等なんだかんだやって変化なし

仕方なしにネットで「windows7 インターネット接続出来ない」で検索してみると


↑どうやらネットワークアダプタを一度削除してみると復活することがあるとのこと


試してみると

復活しました!

かかった時間は4時間(ーー;)





2012年8月14日火曜日

New Zealand Mt hutt 12 帰国編

ついにニュージーランドを立つ日が来ました

みなさんからお別れの挨拶をいただいてとても嬉しかったです!

Christchurchへの出発が0320なのでこの日はベッドに入らずリビングでビデオを見ながら夜明かししました

出発まで付き合っていただいたM氏に感謝!

K-SNOW 代表のS氏と

M氏と 何時かまたどこか旅に行きましょう!
帰りは英語ができないとかなりキツですね

S氏に付いて来てもらったから何とかなったけど一人だったらかなり不安

先ず荷物を預けるのですがこの時追加料金が発生しなければいいんですけど私の場合ボードがあるので出国とときと同じく追加料金を払います

チケットカウンターでクレジットカードの提示を求められたのでChristchurchはまとめて処理してくれるのかと思ったらなんかあっちに行ってくれと言っていて追加料金の支払いは別カウンター

やっぱり成田と同じかぁ~ ここではカードみて職員が書類に記入するだけでした

別カウンターで書類を提示すると職員がPCで手続きを始めます

しばらくして支払いは札幌千歳空港まで$117.50ですと言われクレジットカードで支払いました

あとはもう一度チケットカウンターに戻って支払いの領収書を提示して航空券をもらいます

ボードは5mほど離れた別の荷物受付に渡します

これで荷物は成田空港まで行ってくれます

S氏には搭乗ゲートまで案内していただきここでお別れしました

また何時か会いましょう!

国内線の案内

搭乗口で

0540の便なので外はまだ真っ暗です

NZ国内線機内

あっと言う間にAuckland空港に到着

国際線入口この先は出国審査
やっぱり日本人多いわ(^^ゞ

出国審査ゲート 写真は撮っちゃダメなんですね 注意されました(^_^;)
乗り換えの時間が1時間しかなかったけど帰りは出国審査ゲートも空いてるし荷物チェックも手荷物のみなのでお土産を買う時間はあったなぁ~

セキュリティチェックで350ml缶のレッドブルが指摘され ここで飲んでもいいよと言われたけど飲みきれる量ではなかったので勿体ないけどそのまま捨ててもらった

この下4番ゲートが TOKYO行き
国際線の機内は往路より良かったわ

となりも若い女の子だし(笑)

液晶もワイドで解像度も高かったから来るとき見たアベンジャーズをもう一回見た

あともう一本見たけどタイトル忘れたぁ~

いい映画だったんだけどね

2013.6追記 この時観た映画は[THE LUCKY ONE](邦題:一枚のめぐりあい)

相変わらず機内食は美味しくサービスもイイ!

札幌千歳空港
成田空港はやっぱりお盆休み真っ最中って感じで閑散としてましたね

乗り換えの時間が50分しかないのでまた荷物の受け取りで時間食うと思ったけど成田はすぐ出てきた

行きのAucklandではかなり待たされたのはやっぱりお国柄なんでしょうね

ちょっと急ぎ気味で国内線の乗り継ぎゲートまで移動しその途中で荷物を受け取ってくれる場所があり荷物を預けて手荷物のみでゲートまで移動

案内板を見ると便の出発が30分ほど遅れているのが解ったのでこの辺からは余裕でした

いろいろあった旅でしたが総じて海外旅行に行って楽しむには語学力が必要ってことです

行くことはできるけど向こうに行ったら話せないと面白さ半減ですね

今回はボードメインでしたけど意外と移動する間も結構面白かったりします

機内でスチュワーデスとの会話であったり、入国審査、税関、道がわからない時やゲートがわからない時、場所の確認、等英語ができればこれがまた面白かったりするんですよ(できなくても面白いんで)

日本人がいなくなればなるほど楽しいです!

何時かまたどこか行きたいですね、それまでに語学力付けとこうと思いつつ 〆










New Zealand Mt hutt 11 ラスト滑走編

ニュージーランドもついにラストDAY

いつも通り0750にゲレンデに向けて出発!

今日はパークでイベントがあると言うことで楽しみだなぁ~

イベントは2時間のジャムセッション

Coolなトリックを出した人にはソーセージが出るっていうみんなで楽しんじゃおうって軽いイベント

でも前日に滑りすぎてしまい疲れが。。。

この日が一番面白かったけど全力は出しきれなかったのが残念(^_^;)

昼はいつものバーガー&ポテト

この風景もラストかぁ~

今日は雲があまりないですね


全て未舗装路 おかげでスタッドレスは必要なし

山はガレ場で崩れやすい

車内で

もういっちょ

麓にアイスクリーム屋

ガールズメンバーが群がります(笑)

何もないねぇ~

夜食はレストラン

自分撮り~

メニュー やっぱり解らん(^_^;)

グリーンサラダ $5

Ribeye Beef Steak 350g $31
このステーキは上手かった!

毎日食ってもいいかも~(笑)


New Zealand Mt hutt 10 滑走編

昨日山は雪だったので

パウダーと思いきや。。。ガリバーンでした゚(゚´Д`゚)゚

なんか途中で雨に変わったっぽくてリフトにやたら氷が付いていました

メンテナンスの関係でリフトに乗れたのは0910位かな~

keaに注意

リフトが動くまでマッタリと

Mexican Chicken Burger

メニューです 
英語が話せるM氏に付き合ってもらいレストハウス上にあるレストランで昼食

どうやら先に席を取ってからオーダーするシステム

この時は気づかなかったけど今思えば日本もそんな感じだもんなぁ~

物が来るまで外国人から「椅子もらっていい?」、「相席いいですか?」聞かれ応対してもらったM氏に感謝(^^ゞ

ひとりでも何とかなったけどM氏がいたおかげで人間らしいコミニュケーションがとれて面白かったです

F2 レストラン外観

F2から

夜は飲み屋に繰り出し~


video

R君 はビリヤード
video

M氏も上手いです

地元民とプレー

俺もちょっとだけ参加

それなりに形になってますか?

この人上手かったなぁ~ 英国人らしいです


New Zealand Mt hutt 9 滑走編




出発の準備 エスティマとM氏

お世話になっている Pinedale Lodge

広い道路です

晴れてます しかし。。。



前日が雪だったのでパウダーか? なんて思っていましたが

いつもどおりガリバーンでありました

話を聞くとMt huttはめったにパウダーにはならずいつもこんな硬めのガリバーンなんだってさ~

フリースタイルやパーク重視ならクイーンズタウン周辺のゲレンデが良いらしい。。。

んで、昨日の降雪と雨のおかげでパークの整備が間に合わずメインパークはクローズ


パークゲート

ミニシュレッド
相変わらず雲の上です

今日はレッスンなしだったから全コース制覇しました!

モンスター飲みつつ休憩

B氏です(笑)

いいねぇ~

海外のビデオパートで見るような岩の間を滑ったり、地形で飛んだりして、こっちはこっちで意外と楽しめた

ピークから
明日はパークオープンしてるといいんだけどなぁ~

メスベンに帰ってからスーパーに買出し

買い物もだいぶ慣れてきて日本と同じようにカゴにバンバン放り込んで帰るようになってきた
レジは硬貨の勘定がめんどいからカード払い(この辺もさっとやりたいのだか)

日本と違ってサインのチェックはしっかりやってますからカード返してもらってもサッサと財布にしまってはいけません(^_^;)